« X-MAN | トップページ | 私は貝になりたい »

2012年3月14日 (水)

仮定の医学 第2章

  

 

「あふん症」

 

アレルギー性症候群に分類される疾患の一つ。

 

過去のテーマパークでの思い出が脳裏に浮かぶすることによって引き起こされ、

  

発作性反復性の感情の起伏、脱力感、目頭が熱くなるなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。

 

溜息が生じる事も多く、これにちなんだ擬音に基づき「あふん症」と名付けれられた

 

一般的に季節性であり、テーマパークのオフシーズンが終わり、

 

まもなく新しいステージが開始される春先時点で発症する事が多い。

 

患者により、感情が高まるタイプと、鬱状態がひどいタイプ、

 

両方ともひどいタイプなどに分類される。

 

症状の程度も個人により異なり

 

症状のタイプと重症度により、適した治療なども異なってくる。

 

これらの重症度などはBlog,,Facebook,Twitter,Mixi等を調査分析することによって確認することができる。

 

同じショウのファンであっても症状の程度が異なるほか、

 

どの程度の症状が出るかの敏感さも個人によって異なる。

 

原因物質は主にショウ出演者であるが、

 

特定のキャストさん(特にしょうちゃん)に起因する場合、

 

是を特別に SUGI あふん症と呼称する

 

 

 

 

Yam_4629  

 

 

 

 

m(;_ _)m スンマセン m(;_ _)m スンマセン m(;_ _)m スンマセン  

 

|

« X-MAN | トップページ | 私は貝になりたい »

ラグナシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34186/54212795

この記事へのトラックバック一覧です: 仮定の医学 第2章:

« X-MAN | トップページ | 私は貝になりたい »